お金がすぐに借りられない原因としてブラックや多重債務などがありますが、どうしてもお金が必要なのにお金が借りたいのに借りられないって本当にきついものがあると思います。

どうしてもお金を借りたい時【お金が必要!】

doushitemookane360x120.jpg

どうにかしてお金を借りたい

  1. どうにかしてお金を借りる
  2. 消費者金融会社のカードローンから借りる
  3. ブラックでもお金を借りることができる?
  4. 総量規制で借りれない?
  5. 個人間融資掲示板を利用する
 
doushitemookane360x120.jpg
 

どうにかしてお金を借りる

お金が必要なら、銀行や消費者金融会社からお金を借りようと考えるのは短絡的すぎます。できれば借金はしないほうがいいのです。必要なお金が少額でしたら、自分の力でなんとかすることを考えましょう。

まずどうしたらいいのかというと、仕事をすることです。昼間の仕事がありますから、夜の仕事か土日のしごとなりますし、すぐにお金が必要な場合がおおいでですから、日払いに対応している仕事がいいでしょう。日払いの仕事というのは思った以上に多くありません。

女性でしたら風俗の仕事が日払いとして利用できますが、仕事としては特殊ですからオススメはできません。男性の場合はもっぱらガテン系の仕事になるでしょう。肉体労働になるので体力勝負となるので、体調などに不安のある人は、ガテン系の仕事は思った以上に体力が必要ですから、止めたほうがいいでしょう。

いずれにしてもガテン系の仕事ができるのなら、夜のバイトでも土日のバイトでも、一度で一万円以上稼ぐことができるでしょう。必要なお金が3万円程度でしたら、3日働けば必要なお金を稼ぐことができます。自力で稼いだお金ですから誰にも迷惑をかけたお金ではありません。お金を調達する方法としては最適と言えるでしょう。

いっぽうでかなりの体力勝負となるので注意しなくてはいけません。自力でなんとかお金を調達したいのでしたら、他には家の不要品を買取り業者に買取ってもらう方法があります。不要品ですから、誰にとっても不要品の可能性が高く、高値買取りにはならないかもしれませんが、数多く出すことでなんとか1万円以上にはしたいものです。

そして、意外とお金になるのが、書籍やコミックです。コミックなどは人気のコミックが全巻揃っていたら、それだけでもかなり高価な買取り額となるでしょう。それと最近の人気の書籍でしたら、それも高価買取りとなることが多いですし、古い本であっても需要があれば高値買取りが期待できます。コミック以外は予想がつかないのですが、これも数多く買取りをしてもらうことでかなりの高値買取りが期待できます。

買取り業者もできるだけ書籍の価値のわかる古本屋に依頼するようにしましょう。書籍の数にもよりますが、人気コミックの全巻があれば、他の書籍の買取り額と合わせて2万円程度を目指したいところです。そうなると、不要品の買取りと合わせて3万円に届くことでしょう。

不要品や書籍を足しても1万円にも満たない場合もあるでしょう。それでもお金が必要なときは、家で使っているものも買取りしてもらわなければならないこともあります。冷蔵庫や洗濯機など無くてはならない生活必需品以外でお金になりそうなものといえば、テレビやパソコンです。なければ困りますが、スマホがあればどうしてもないと困るというものではないでしょう。テレビだけでも1万円くらいになるかもしれませんし、パソコンでしたら、数万円の買取り額になることもあります。

もっとも、今お金が必要で買取りしてもらうのですから、後で買い直さなければいけません。買取り額は購入したときの10分の1程度でしょう。たとえば5万円のテレビを買った場合それを買取りしてもらうときの買取り額は5千円くらいがせいぜいです。しかし、後で買い戻すには同じように5万円の出費が必要になります。そのときをなんとかしのぎたいために5千円を獲得してその後に5万円の出費となってしまうのは、かなり損をした気持ちになることでしょう。

他に、3万円程度でしたら、友人知人からお金を借りる方法があります。結局は借りるのかということになりますが、友人知人の場合でしたら、お互い古くから知り合っているのでノーリスクでお金を貸借りできるのです。貸す側としても馴染みの仲ですから、まったくの不安もなくお金を融通してくれることでしょう。実はこの3万円というのがミソで、誰でも財布の中にはこのくらいのお金が入っているものです。

ですから、3万円というお金は融通しやすいお金と言えるでしょう。友人知人の間柄ですから、お金を貸しても必ず返してくれるという安心感があります。それでも借りるが泡のマナーとして借用書は用意しておいたほうがいいでしょう。普通でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、貸す側としても友人ですから、借用書を用意しづらいのです。そのあたりの気持ちを汲み取って借りる側が借用書を用意しましょう。

友人も、水くさいと言いながら内心は喜んでいるのではないでしょうか。親しき仲にも礼儀があったほうがいいですし、お金のことはこじれてしまうと友人との関係と言っても冷め切ってしまうこともあるのです。お金の問題は必ずクリーンに迅速に対応しなくてはいけません。ですから、次の給料で一括で返済することを借用書に一筆書いておくようにしましょう。

間違っても分割払いにしてはいけません。すこしでも早く解決するために一括払いをしなくてはいけないのです。3万円以上の借り入れとなると、身内に頼るほうがいいかもしれません。しかし、身内にはもっと大きなお金で困っているときのためにとっておきたいものです。

それ以上のお金となると、そこはやはり銀行や消費者金融会社から借りたほうがいいでしょう。そうなると、金利の低い銀行カードローンで借りたくなると思います。しかし、銀行は誰にでも門戸を開いているわけではありません。口座開設者はとても優遇して誰でもウェウカムなのですが、お金の貸し出しになると途端に審査が厳しくて借りにくくなるのです。

銀行カードローンの審査が厳しく誰でも気軽に借り入れできるわけではありません。銀行カードローンは属性の高い人でしたら審査に通りやすいですが、属性が低いと審査に通ることは難しいでしょう。この属性というのは信用度や返済能力といった借りやすさの指標となるものです。属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、中でも雇用形態は属性の高さを左右するくらいのウエイトを占めています。

この雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用に分けられます。正規雇用はいわゆる正社員のことです。いっぽうの非正規雇用となるとパートアルバイトや派遣社員、契約社員ということになります。一般的に考えて正規雇用の人のほうが属性が非正規雇用の人よりも高いのはわかります。

そしてその具体的な理由となると、収入が多い少ないといったこともあるのですが、もう一つ大きな理由は、雇用が会社から保証されているのかどうかということです。終身雇用制が崩壊して久しいとされているのですが、それでも雇用は会社によって正規雇用の人は保証されていますし、簡単にクビにすることはできません。望めば定年まで勤めあげることも可能です。リストラがよく言われますが、それも会社をクビにするということではないのです。

一方の非正規雇用の人でしたら、雇用契約が有期になります。雇用契約は3ヵ月、6ヵ月、あるいは1年ごとに更新されます。更新は双方の同意のもとで行われるのですが、会社が雇用契約を更新しなければそこで非正規雇用の人は退職ということになるのです。これは、銀行から見ると収入が安定しているとは見られないので、属性も低く設定されるということになるのです。このことから、銀行カードローンは正規雇用の人は審査に通りやすく、非正規雇用の人は審査に通りにくいということになります。

金額を低くすれば非正規雇用の人でも審査には通りやすくなるので、借り入れの申し込みの際は借り入れ希望金額を低く抑えることが肝心です。もっとも高額融資を望むのであれば、非正規雇用の人でしたら、銀行カードローンからお金を借りるのは難しいと言えるでしょう。銀行カードローンのデメリットとして言えるのが、即日融資ができない点です。

一頃はメガバンクを中心として即日融資やスピード融資が大々的に宣伝されていたのですが、現在はそういった宣伝広告を見ることはありません。それは、銀行カードローンが即日融資をしなくなったからです。正確には即日融資ができなくなったというのが正しいです。

というのも、警察庁のデータベースのアクセスが義務づけられているのです。不正融資防止の施策なのですが、カードローン申込者の信用情報を警察庁のデータベースに照会して、その照会情報を得るのが翌日以降になってしまうのです。ですから、物理的に即日融資が無理となってしまったのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった預金というのも理由の一つです。大切な預かり金が原資となっているのですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないということです。銀行カードローンはそういった貸し倒れのリスクを最大限軽減するために、銀行カードローンの審査には銀行の他に銀行と提携している保証会社の審査にもとおらなくてはいけません。

あまり公にはなっていないのですが、銀行カードローンの審査は、銀行と保証会社のふたつの審査を受けているのです。審査は同時進行で行われるので、審査スピードに影響が出ることはありません。保証会社の審査にもとおらないと銀行カードローンの借り入れはできません。

保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が返済不能になったときに、保証会社がカードローン利用者に代わって、残りの全債務を銀行に支払うのです。その後で、保証会社は立て替えた債務をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。この時点ですでに債務整理に入っているので、保証会社とは任意整理で話し合うことになります。

任意整理はこれからの返済をどうするかという、債務整理の中のいわゆる示談にあたる交渉です。銀行はこう考えるとノーリスクに見えるのですが、債務整理以降の返済利息による収益がなくなるので、まったくのノーリスクというわけではありません。
 
▲メニューに戻る
 
doushitemookane360x120.jpg
 

消費者金融会社のカードローンから借りる

銀行カードローンの審査に落ちると次は消費者金融会社に融資の申し込みをしなくてはいけません。このときすぐに審査落ちになるときは、申し込みブラックになっていることがあるので注意しましょう。

審査に落ちたという情報が信用情報機関に金融事故情報として記録されていて、消費者金融会社が融資の申し込みを受けて信用情報機関に信用情報の照会をするときに、金融事故情報を照会するとその時点で審査落ちとなります。

申し込みブラックの場合はその情報が消えるのが6ヵ月後となるので、それまでは新規のカードローンの申し込みはしないほうがいいでしょう。その間どうしてもお金が必要だからと言って、闇金などからお金を借りる人がいるようですが、闇金は非合法の業者ですから、闇金からお金を借りるのは絶対に止めましょう。

また、無職でもお金を借りることができるのかというと、これは消費者金融会社のカードローンでは無理です。配偶者の場合は世帯収入で審査してもらえる、配偶者貸付けが利用できるのですが、専業主婦に限られるので、それ以外では無職の人がお金を借りるのは難しいと言えます。

それでも、消費者金融会社のカードローンの申し込み方法は多彩で、店頭やWebでの申し込みの他にメガバンク行内にある自動契約機で申し込みすることができますし、全国各地に設置してある無人契約機を利用することができるのです。

無人契約機は24時間365日稼働しているのでいつでも、カードローンの申し込みをすることができます。そしてすぐにお金が欲しいのでしたら、その日の22時までに手続きを済ませて審査に通れば、ローンカードが発行されるのでそれを持ってコンビニATMに行けばそこですぐにキャッシングできるのです。これが消費者金融会社のカードローンの大きなメリットと言えます。
 
▲メニューに戻る
doushitemookane360x120.jpg
 

ブラックでもお金を借りることができる?

一昔前はブラックになるとお金はどこからも貸してくれないというのが通説でした。そのため闇金融からお金を借りるしかなく、一旦闇金から借りてしまったら、厳しい取り立てにあい、返済しても利息分にしか当てられないような高利で返済を強制され、挙げ句には夜逃げ同然で逃げるしかなくなるといった、悲劇が繰り返されてきました。

現在は闇金の数は減ったにしてもなくなったわけではないようですから、闇金からは絶対にお金をかりないようにしましょう。そして、ブラックでも借りることができるのかということですが、これは、独自審査を行っている一部の中小消費者金融会社や規模の小さな消費者金融会社である街金でしたら可能です。

独自審査は信用情報機関に申込者の信用情報を照会せずに行う審査です。現在の属性のみで審査を行う方法で、大きくは、電話による在籍確認ができること、収入証明書の提出ができること、この2点ができれば、街金や一部の中小消費者金融会社から融資を受けることができるのです。

もっともブラックでも中小消費者金融会社や街金なら必ず貸してくれるというわけではないので、その点には注意が必要です。
 
▲メニューに戻る
 
doushitemookane360x120.jpg
 

総量規制で借りれない?

消費者金融会社には総量規制の問題があります。年収の3分の1までしか借りることができないという法律です。法律ですから破ると罰せられます。主に罰せられるのは貸すほうですから、消費者金融会社の場合は営業停止となることもあるのです。ですから、大手消費者金融会社のカードローンなどは総量規制はかなり神経質に対応しています。

借りる側としても申し込み書に、他社借り入れ額や借入件数を記入する欄があります。審査では信用情報機関に照会することで、借り入れ状況などは把握できます。

それでは、どうして申込者に借り入れ金額や借入件数を記入させるのかというと、整合性がとれているか、自分の借り入れ金額などをキチンと把握しているかを見ているのです。

あまりにも金額が進行したものとかけ離れていたら、金銭管理ができていないということで審査に通りません。基本的には、こういった虚偽の報告をした場合は、審査おちどころか逮捕されてしまうこともあるので注意したいところです。

総量規制一杯になると借りることができないのかというと、原則できないのですが、毎月数万円程度の返済はしていることでしょう。ということは、基本的には総量規制にひっかかって借入限度額一杯まで借りているケースは少ないです。それと厳密に1円単位まで把握することも不可能です。

ですから、街金などの10万円のローンなどでしたら、総量規制に仮にかかっていたとしても、審査に通るかもしれません。いわゆる誤差の範囲ということですね。街金は基本的に10万円の貸し出しが相場となっているのですが、総量規制の問題があるので敢えてそうしているのかもしれません。
 
▲メニューに戻る
 
doushitemookane360x120.jpg
 

個人間融資掲示板を利用する

お金をどうしても借りたいのですが、消費者金融会社ではすべて断られたという場合は、万策尽きたと思う人も少なくありません。

しかし、ネットでは個人間融資掲示板が活発に行われています。個人間での貸借りになるので、お金に関するリスクを強く感じている人も多いと思います。ですが、リスクを感じているのは貸し出す側も一緒です。

基本的に個人間融資では、審査がありません。ですから申し込みをして独自審査に通ったらすぐに貸し出しとなります。交渉でこじれない限りはどのような属性の人であってもお金を借りることが、街金でできるのです。
 
▲メニューに戻る
 
doushitemookane360x120.jpg
doushitemookane360x120.jpg